1日の流れ

保護者の声

うちの子は予定日より1ヶ月も早く産まれてきました。なので通常のお子さんよりも発達が1ヶ月くらい遅いと医師からも言われてきたので保育園に預けるかどうか悩んでいたところ本園の求人募集を母が見つけてくれて子どもを預けて同じ場所でお仕事ができるというところに魅力を感じ、預けることにしました。
4月はじめはママしかダメで他の保育士さんが抱っこしてくれようとしても泣いてばかりいたのですが先生たちが毎日優しく子どもを呼んでくれたり関わってくれたおかげで泣かずに過ごしてくれています。最近では少しずつですが「パパ」「ママ」「バーバ」といった言葉もでてくるようになりました。
本園に通うようになってからハイハイをするようになりました。おうちだと部屋が狭くて思うように動けなかったので大泣きでした。
6月になるとお友達が立つことができ娘の心の中の競争心が沸いたのか自分も負けないという心をもったのか立つようにもなりました。子どもの成長はあっという間だと感じますが、保育園に通うようになって同世代のお友達と関わることができ良かったと思います。

子どもを預けながら働けるのでお友だちと遊んだり一生懸命制作をしたり、家庭では見られない子どもの姿や成長を間近で見られるところが良いと思います。
給食が美味しい様子でおかわりして沢山食べています。お友だちが手づかみやスプーンで食べているのを見て真似してやってみようとする姿も見られます。
1才1ヶ月の息子ですが、お友だちと一緒に遊ぶなかでハイハイマットやすべり台の階段を四つ這いで上ったり下りたりしていて私が教えなくても自然にできるようになっていました。
園では午前中活動して決まった時間にお昼寝をするので園のリズムに合わせて家庭でも自然と同じように生活リズムが作れて早寝早起きをするようになりました。

自分の子どもを預けている職員へインタビュー

事務職:庄司 未来  
 

働くきっかけは?
社長の鷲見に誘われたことがきっかけです。経験のある仕事だった事と元から子どもができても働きたいと思っていました。しかし、私は近所に頼れる両親もいないので子どもの風邪などで仕事に穴をあけることは目に見えていたので1度はお断りしました。
 

お断りしたのに引き受けた理由は?
保育園の提携医院がすぐ近くにあり子どもの風邪などにもすぐに対応ができることが最大の決め手でした。また、自分の子どもを自分の働く園に預けて仕事ができる事が便利だと感じたからです。園児はもちろんですが従業員をとても大切に考えている社長の考えも魅力的に感じた事もひとつの理由です。


社長の考えとは?
保育業界はブラック企業がほとんどという話しを聞いたことがありました。保育業界では当たり前だとの事ですがこの時代に時代錯誤も甚だしいと日頃の報道などを見て感じていました。その話を社長にしたところ、アベニールガーデン蘇我は法律にきちんとそった働き方を徹底すると聞きました。保育業界=ブラック企業と諦めるのではなくクリーンな保育園にしていきたいと熱い想いを聞き、ここでなら子育てしながらでも頑張れそうだなと思えました。


実際に保育園に預けて働いてみてどうですか?
娘もすごく保育園を気に入っています。娘の大笑いが事務室まで聞こえてきます。娘の笑い声を聞きながら仕事をするという経験は滅多にできないことなので新鮮です。また、娘は保育園に行くことにより今まで出来なかった事ができるようになりました。これは全員有資格者で構成されているプロの保育従事者が保育をしてくれている賜物です。皆さん、素敵な先生方で子どもに関する日常生活の相談もできるので助かっています。

アベニールガーデン蘇我に入園する保護者へのメッセージ
アベニールガーデン蘇我は自社の人だけでなく地域の方の受け入れも行っております。きめ細かい保育で子ども達の笑顔も多いです。企業主導型保育事業と聞くとピンとこないかもしれませんが見学も随時行っておりますのでお気軽にお越し下さい。

庄司未来プロフィール


アベニールガーデン蘇我 事務長。
娘のるみ(1歳3ヶ月)を自社保育園に預けて勤務中。